2006年07月29日

日本でお買い物しましょう!

米Amazon.comにアクセスしたら 「日本でお買い物しましょう!」と怒られますた.

やっぱり日本に発送するのは面倒なのかしらん?

.comの方は.co.jpよりも品揃えが豊富っていうか面白いですよ.洋服とか靴とか時計とかイロイロ置いてあるのですよ.

あと戦車 (?)とかね.

.com一回だけ使ったことあるけどクレジットカードがあれば結構簡単に注文できるから,誰か戦車買ってクレ

タグ:Amazon 戦車 ネタ
posted by Rion778 at 10:55 | 岐阜 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | ネタ的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年07月28日

キーワード解説的ノートまとめのススメ

私が試験で合格点を取れない場合は2つ.教官と私の間に埋めがたい思想の相違があるときと,前日までノータッチで試験に挑んだ場合だけだ!

はい.今日の2限は落とした気がします.だって何もやってなかったんだもの.半分は完璧に出来てる気がするのですが, 半分出来てても単位は出ませんわな.ちょいと1限のテストに力を入れすぎたかも.

それはともかく,今回のテスト期間のおかげでノートのまとめ方にやっと決着が付けられそうだ(まだテスト期間終わっちゃないが). ノートをキーワード解説方式に変換するというのが,少なくとも論述問題への対策としてはかなり有効であると分かったのだ.

それは簡単に言えばノートの内容を出来るだけ細かく分割し,それぞれに小タイトルを付して解説するというもの.このとき箇条書きや図, 表による説明も全て文章にする.そしてそれぞれの項目の間に重要度の優劣を付けてはいけない.大項目,中項目, 小項目と入れ子構造にするのもいけない.あくまでキーワード解説のように,同等の重みの下で取り扱う.当然,大項目に相当する項目の説明に, 中項目や小項目に相当する項目名がキーワードとして出てくるということはありうる.

解説の文章は平易に,専門外の人間が読んでも理解できるようなイメージで書く.「これで分からなければもう救いようがないぞ」 ってな具合で,それはもう親切丁寧に.見直したとき教科書を開く必要があるようでは駄目.

それでいて長さは短く,100字程度を目安に長くとも300字以内に収めるつもりで書く.これ位の長さだと気持ちよく暗記できる. これより長くなりそうならば,項目をさらに細かく分けた方がいいだろう.

あとパソコンを使った方がいい.分かり易くて短い文章を書こうと思えば相応の推敲が必要になるはずだからだ.

このようにしてまとめればまとめた時点で大抵の内容は理解できていて,その上解説も出来るようになっていると思う. 文章の推敲を重ねればその度合いはさらに深まるだろう.そして短く分かり易くまとめたのだから,見直すときも楽だし, 丸暗記だって少しの投資で出来るだろう.

いざ論述問題を解く段階となったら,キーワードを元にアウトラインを考えるだけで,あとはそれこそ自然に文章が完成してしまうのだ. ああなんてスバラシイ方法だ.

とかなんとか悦に入っていたのだけれど,やっぱこんなことすらせずに講義内容を理解し記憶できる方法が理想だよな. 後期からははてなブックマークで話題になってたこの方法でノート取ってみようか. それとよくよく見直してみると,今書いた方法って情報カードを使った場合の典型的な勉強方法だな.多分. あと出来損ないのKJ法みたいな感じもある.そんな自慢げに書く必要もない内容だったか?消すのもアレだから一応投稿しておくかな.

posted by Rion778 at 15:57 | 岐阜 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年07月27日

タイムイズマネー,時は金なりってやつさ

出来心からボールペン分解したら直すのに2時間かかった!

僕明日テスト2つあるんですよ.大切ですよね.時間って.

タグ:試験勉強
posted by Rion778 at 21:54 | 岐阜 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金縛りとコーヒーと

 私は一人暮らしをするようになってから時々金縛りに遭うようになった.

「金縛りはリアルな夢である」という一般論には全く賛成なので,心霊だとかそういった意味での恐怖感はない.

ただ,金縛りに遭っている最中は非常に精神が不安定となり,時には何故か自分が生きている事に対する強烈な罪悪感に苛まれ, それこそ自殺したくなるほど気分が滅入るし,またある時には得体の知れない恐怖感に襲われるのであまり気持ちの良いものではない.

これらは覚醒時には全く感じることのない精神状態であって,目が覚めれば気分は爽快,いつもと変わらぬ一日が始まる. ゆえに特に日常生活に支障はないのだが,それでも避けられるならば避けたい.

で,昨晩久しぶりに金縛りに遭って,その時(すなわち金縛ってる最中に)思ったのだが, これは寝る前にカフェインを摂取していると発生しやすいのではないだろうか.

つまり,中途半端に頭が覚醒状態に保たれる(カフェインの効果は9時間〜12時間持続すると言われる)ため, 金縛りの説明で良く言われる「頭は起きているが体が寝ている」状態,つまりREM睡眠での眠りの浅さがより際だったものとなり, より現実的で印象的な夢を見やすい,つまり金縛りに遭いやすい状態になるのではないかということである.

おそらくコレは他の誰かも提唱しているはず,との前提に立ち,すこし検索して見るも結果はイマイチ.ただ, カフェインで眠りを浅くして金縛りに遭ってみようと試みる人は居た.やはり「眠りが浅い」というのが一つのキーなのだろう. 誰かこの件に関して実験した人は居ないのだろうか?

ちなみに今回の金縛りは罪悪感と恐怖感のコンビというタチの悪いものだった.

金縛りに入った直後から「ああ,何で俺は住んでもいない部屋を賃貸しているのだろう!一体今までいくら親の金を無駄にしたのだろう!」 という強烈な罪悪感に苛まされた.が,私は住んでもいない部屋を賃貸などしていない.何を寝ぼけておるか.まあ寝ているワケだが.

で,しばらくすると落ち着いてきて,前述したカフェインと金縛りの関係などいろいろ考えつつ,なんとか体を動かせないか頑張っていた. その時ふと「まあどうせ夢なんだけどさ,でも目の前に生首とか現れたら怖いよな」とか余計なことを考えたのだ.そして目を閉じ, 再び目を開くと…そこには女性の生首がっ!
自分が考え出したものと理解はしているのだがやはりコレにはかなり驚かされて,さすがに目が覚めた(つまり金縛りから抜けた).

やっかいなことに私が金縛りの最中に考えたことは何でも目の前に現れる. その上論理性とか判断力が欠如しているのでロクな事は考えない.白装束の老婆だとか,あるいは叫び声(音も聞こえてくる) だとかもう完全なお化け屋敷状態になる時すらあるのだ.後から思い出す分には面白さすらあるのだが,精神状態が不安定な当人にとっては, お化け屋敷どころではない恐怖である.

で,結論としては午後コーヒーを飲まなければ良いだけだが(持続時間からして, 特に睡眠障害のある人は午後カフェインを摂取しない方が良いというのは良く言われる),なにぶん今はテスト前の追い込み期間であるゆえ, すでに3杯コーヒーを飲んでいる.ああ,寝床につくのが恐ろしい.

まあ,本日分の睡眠は先ほど昼寝で消化したので朝まで寝なければいいだけの話なのだけれど.

posted by Rion778 at 00:00 | 岐阜 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年07月26日

続・チェシャ猫症候群

何か気が付いたらこのブログで一番参照されるページが以前書いた「チェシャ猫症候群」 になっていた.あの程度で閲覧者は満足できるのか?と小心者の私は些細な罪悪感を感じたので少し追記してみる.

Cheshire Cat Syndromeという単語で検索している人なら何度か目にしていると思うが,まさに「The Cheshire Cat Syndrome: My Adventures with Arthrits」という本がある. 私は気になったのでamazon.comで古本を買ってみた.まー結局いまだ暇が無くて読んでいないのだけれど, 裏表紙の要約を見るとどうやらこの本はEthel Ericson Radmerという人が関節炎を治すためにカイロプラクティックだとか食事療法だとかいろいろな健康療法に挑んで, 最終的に治療できるまでを追った本らしい(だからサブタイトルが「My Adventures with Arthrits」なのですな).

だとするとCheshire Cat Syndromeは関節炎なのか?と思うところだけど, だったら関節炎と書けばよさそうなものだし,Syndromeであるのも気になる.

あるいは,この本は関節炎を治すための一連の冒険に対する一種の比喩的な表現として,「The Cheshire Cat Syndrome」という言葉を使っているのであって,例のEric George Lapthorne Bywatersが投稿した論文で報告されているCheshire Cat Syndromeとは関係がないということもありうる. 向こうの人にとって「チェシャ猫」というのは何を象徴するイメージを持っているのだろう?「チェシャ猫のようにニヤニヤ笑う」 という表現があったというのは何となく覚えているんだけど…

まー結局は今回もよーワカランというのが結論です.申し訳ない.本読めば分かるのかな?

タグ:チェシャ猫
posted by Rion778 at 01:22 | 岐阜 ☔ | Comment(8) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真の積ん読とは?

 孫引きになってしまい申し訳ないのだが,板坂元の「考える技術・ 書く技術」 に引用されている「続・やわらかい頭」(森政弘・ 片山龍二 多分もう手に入らない) の一文にこんなものがある.

たてておく,つんでおくという,あの読み方は,ただ買ってきて,安心感のために傍においておくというんじゃなくて, 表題だけを見て,半年ぐらい手をつけずにおいておくんですね.そうしながら, 中に何が書いてあるかをよく推考して半年ぐらいたってからあけてみますと,それがだいたい当たっているんですよ.

…これは本気で言っているのだろうか? まあでも最近の本はタイトルが大分具体的なものも多いから,何となく中身を予想することはできるだろうし, 予想したもののうち1割でも当たっていれば「だいたい当たっている」と思うのかもしれない.

しかしあらためて本棚を点検してみるとまだ読み切ってない気がする本がかなりあった.それも「種の起源」とか「沈黙の春」 とかどうも気軽に手に取る気が起きない本がこちらをにらんでいる.専門書の類で言えば調べ物以外で開いたことのない本も結構ある.

さすがにこれらは「たてておく,つんでおく」 で内容を想像するにも限度があるし,想像じゃ役に立たない.それに上の引用文の話だって最終的には読んでいるのだ.いつまでも 「たてておく,つんでおく」ではいけない.大学が夏休みに入ったらとっとと消化するか. っても休みに入ったところでレポートが山積みだから本当の夏休みはまだ先なんだけど.

タグ: 積ん読
posted by Rion778 at 00:13 | 岐阜 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本,読書,読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年07月23日

本日は土用の丑の日

今日は平賀源内の「本日丑の日」商法にまんまと乗っかって鰻を買ってきた.といっても先週も鰻食べたし,おとといはひつまぶしを食べた気がする.そんな上等なものじゃないけど.

ちなみに私の実家は昔寿司屋だっただけではなく鰻も焼いていた.ちゃんと生きた鰻をさばく所からやっていて,いわゆる「秘伝のタレ」もあった.まー寿司屋で鰻重ってのは割とありがちのパターンではあるのだけれど.

なお,「秘伝のタレ」というやつはしょっちゅう鰻を突っ込むことにより鰻のうまみが蓄積して「秘伝」になるのであって,商売をやめてしまうと味を維持するのは難しい.うちも商売やめて半年くらいは取ってあったけど,煮詰め直すたびにタダの醤油っぽい味に近づいていってしまい(ばーちゃんが完全なレシピを把握していないということもあるんだけど),カビも生えてきたので結局捨ててしまった.

市販の安いタレはそのへんの「うまみ」の不足分を砂糖でごまかしてる気がする.ちゃんとした鰻屋のタレだと,それだけで鰻重食ってると錯覚すると思う.まあ甘いのは甘いので嫌いじゃないんだけど.

posted by Rion778 at 16:46 | 岐阜 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火事?

 何かさっきまでうちの周りでサイレンがわんわん鳴ってたんだけど, 某掲示板情報によればどうもうちの大学のうちの学部が火事だったらしい.こんな時間に火事って何事?大丈夫なのかな?

タグ:火事
posted by Rion778 at 03:47 | 岐阜 ☔ | Comment(9) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年07月22日

昭和天皇のメモ

showamemo.jpg

内容についてアレコレ言うつもりはないんだけど,どうにも気になることがある.ニュースで見たときから思っていたんだけど,1988年の4月,つまり約20年前のメモだというのに綺麗すぎやしないか?ということ.あのメモの白さに疑問を持った人は多いと思う.

紙の白さだけじゃなくて,インクの色もかなりおかしい.万年筆のブルーブラックってのは保存性は確かに良いのだけれど,ブルーブラックってのは要するに鉄だから,普通黒くなる.あるいは緑っぽくなるものもある.酸化防止剤とかと一緒に厳重に保管されていたのならあの色が残る可能性もあるかもしれないが,報道を聞く限りでは普通に本棚に保存していたみたいだし.

ブルーインクってのもあるけどこっちは基本的に保存性が悪い.一般人が趣味でつかうならともかく,宮内庁の人間なら普通ブルーブラックを使うのではないだろうか.

宮内庁にしか流通しない特別の文具とかがあるのなら話は別だが,素人目に見てもこの色は異常.まるで「今書いた」かのようだ.私の手元にある3ヶ月前のメモですら黒くなっているというのに.

うん,正直「今書いた」んだと思ってる.来月もう一回このメモ見たらきっと黒くなってるよ.あのメール事件と同じ臭いがするけど,今回は具体的な道化がいないからなぁ.どうなるんだろ?

※2006/7/22 23:23追記
こんなものがはてなの人気記事に上がってた.参考までに.

posted by Rion778 at 03:28 | 岐阜 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年07月21日

滑稽という字は難しい

人間なんて,いったい何度こっけいになったり,こっけいに見えたりするか,わからないんですよ.それなのに, この節では才能をそなえたほとんどすべての人が,こっけいな存在になることをひどく恐れて,そのために不幸でいるんです.
(ドストエフスキー 「カラマーゾフの兄弟」)

この一節を読んでさるお偉いさんの話を思い出した.彼はなんど聞いた話でも「ほう!」 と身を乗り出して真剣に耳を傾けたそうだ.大統領だったか,役人だったか忘れてしまって,今必死に本棚を漁ってみたが全然出てこない. あるいはネットで見かけたのだろうか?こういうことはちゃんとメモしておかなきゃ駄目だな.

ともかく,このお偉いさんの話にはいたく感心させられた覚えがある.知っている話を聞くと, 「それなら知ってるよ」と言いたくなるところだが,そんな事を言っているといずれ情報が集まらなくなる.それに, 聞いたことのある話であっても,注意深く耳を傾ければ何かしら新しい発見があるものだ.彼はほんの少しの見栄を捨て去ることで, いつでも新鮮で有益な情報を手にしていたのだ.

私もつまらない見栄はとっとと捨てよう,何に対しても好奇心旺盛でいようといつも思うのだけれど, なかなか上手く行かない.「本当に賢い」ということと「賢いように見える」ということは結局全く別物なのに, むしろ後者は愚かですらあるのに,両方を求めてしまう.これもまた人間の「こっけいな」一面なのかしら.

posted by Rion778 at 21:51 | 岐阜 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロディアと情報カード

 保存や家で使うには5×3の情報カードがいいのだけれど,持ち歩きにはロディアのNo.11がいい. 今まではせっせと転記していたのだけれど,この前文房具屋で買いかけたパラクルノミニを見て思った.

ヨコに書けばいいんだ.ヨコに書いておけば,そのまま情報カードに貼り付けてしまうことができる.なんて単純なことだ. 何故今まで思いつかなかったのか.

とまれ,やってみると意外な副作用.ロディアを横に使うと今までより紙面を広く感じるのだ. そういやカラーボックスなどを横に使うと部屋を広く演出できると聞いたことがあるが,同じような効果なのだろうか?

posted by Rion778 at 00:58 | 岐阜 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | LifeHackのようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年07月16日

気楽にc⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...

 100円ノートの「超メモ術」 というものがある.基本的にはマス目か罫線さえあれば実行可能であるはずなので,ここしばらく手持ちのロディアでやっていた.

が,結果は今ひとつだった.初めから分かっていたことだが,「超メモ術」をやる以上メモをちぎり取れないので, ロディアの様な構造のメモパッドでは少しずつ書きにくくなるのである.些細なものだと思っていたが, 心理的な障壁としては案外大きなものであった.

つまり,「これはメモしなければ!」という意志のもとであればメモを取るのだが,「どうしよう?メモるほどの事でもないか?」 という程度だとメモらなくなるのだ.だが,案外重要なのは後者だったりする. 前者のメモは本当に重要なので別にメモらなくても覚えている事が多くて,「あれ?何だっけな?」と気持ち悪い思いをするのは, 調べようと思っていた漢字だったり,テレビでやっていた料理のレシピだったりと些細な事項についてなのである.

しかし,書いたメモをいつでも見返せるという点は非常に便利でもあった.重要な事項でも細部にわたるまで記憶しているわけではないし, 「メモの中に書いてある」ということだけ覚えていればそのことに考えをとらわれることも無くなる.

ようするに,ミシン目入りメモパッドのような気軽さが欲しいし,見開きノートのような保存性も欲しいのだ.

この問題に対して今回思いついた改善法は2つだ.1つはメモ帳をもう一つ持つと言うこと. もう1つはちぎったメモの保存を工夫するということ.

1つめはすでに実行中であるが,これはイマイチのようだ.メモを分けるということは,書く時点で内容の分類を行うということである. だが,「分類」ほど障壁として大きなものはない.机の上に書類が溜まるのも,床の上に本が積み上げられていくのも, このブログの記事分類がグダグダなのもようは分類が面倒だからであり,「とりあえず」置いておくという行為がこの上なく楽であるからだ. 特にメモのような些細な行為であればこそ,初めから分類などを試みてはいけない.

2つめの案だが,モールスキンのメモポケッツを使おうかと思っている. これならば一冊分のメモでも入るだろう.ただサイズが少し気になる.おそらくコレにぴったりなのは5×3の情報カードで, ロディア,それもNo.11では余裕がありすぎる気がする.

でもまー情報カードも使っているので,そのへんは買ってから考えても良いのだけれど.うーん.とりあえず買うか? amazonのギフト券余ってるし.

posted by Rion778 at 21:22 | 岐阜 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | LifeHackのようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生物統計

 現在イネの生育調査に関するレポートを書いているのだが,統計処理を施しても望むような結果が得られなくて困っている. 原因は何となく分かっている.データのばらつきが大きすぎるのだ.

統計処理にはデータのばらつきというものが非常に重要だ.というのも複数のデータを比較するとき, データ間の差が偶然によるものなのか,偶然ではないものなのかを考えるというのが統計における基本的な手法だからだ.

要するにデータのばらつきが大きいと,平均値に差があったとしても 「それぐらいの差なら偶然に起こったとしてもおかしくないんじゃネーの?」ということになりやすい.反面, データのばらつきが小さいとほんのわずかな差でも「偶然には起こりにくいから何か意味があるかもね?」なんて結果が出てくる.

で,今回は前者の問題が発生しているわけだ.くせ者なのは「偶然に起こったとしてもおかしくない」ということしか分からないという点. つまり,実は何か違いがあるかもしれないのだ.俗に「悪魔の証明」と言われる「無いことの証明」は統計においてもやはり難しいのである. 結局,差があるということが分からなければ何も分からないに等しい.

とりわけナマモノを扱う場合はよくわからない誤差というものが結構出てくるものだから,統計的手法が有効でない場合も多い. 誤差そのものを大きくするような要因(誤差もたぶん検定できる.誤差が正規分布するのであれば.)もあるだろうし, 得体の知れない交互作用なんてのもあるだろう.要するに生物学と統計学は相容れない部分が大きいのである.

じゃあ生物実験において統計は適当で良いのか,といえばそんなワケも無い. 統計的な意味があってこそ生物的な意味の説得性も増すというものである.それにいい加減な統計処理をしていると論文もacceptされない. 例えば昔は通用していたフィッシャーのLSDだとかダンカンの方法だとか言われる多重比較の方法はいまや数学的に間違っていることが分かっていて, ほぼタブーとなっている.ナマモノ屋にとってかならずしも武器にならない(今回のように)統計学だが, きちんと学んで自己防衛しておかないと駄目なワケだ.

むー.投資でもやればもう少し興味も湧いて詳しくなれるか?先立つものが無いけれど.

最後にこの文章に対する自己防衛&イイワケ. 私はつい最近統計学をすこしマジメにかじりはじめたところなので内容についてはイマイチ自信のない部分もあったりなかったり. 大したことを書いているワケでもないのだけれど何か指摘があればどうぞお気軽に.

posted by Rion778 at 02:49 | 岐阜 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年07月13日

重大そうでどうでもよさそうで実にどうでもよい発見

「からきょう」(もしくは「らっきょ」)といったらナスなのだ.

「カラ兄」といったらドストなのだ.

これはまた天と地ほどの差がある同音異義語!っとか思ったけど,この二つなら両方読んでるヤツは案外いるのかもしれない.っつーか「カラ兄」は「からあに」かもしれないし,「からにい」かもしれないのだけれど.

私は「カラ兄」はちょっと読んだ.まだ半分も読んでないけど.なんでも「カラ兄」は50回読むとウィトゲンシュタインになれるとかなれないとかなれないとかいう話.

ちなみに「らっきょ」を50回読むと何になれるのかは知らない.誰かやってみてくれ.

posted by Rion778 at 00:28 | 岐阜 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | ネタ的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年07月08日

Windows 98,Meのサポートが終了

今回の月例アップデートを最後にとうとう98,Meのサポートが終了し,新たなアップデートも以降配信されない.

これでもう9x系の時代は完全に終わったわけですか.5〜6年でサポートを終了するなんて普通の製品じゃあり得ない話だけれど,OSだからしょうがないのか.いや,やっぱ早いような.まだ普通にユーザーいるし,世界中のクラッカーさんたちはここぞとばかりに穴掘りはじめるんじゃなかろうか.

僕も98SE機とMe機をいまだに持っている.Me機はついこの間深刻な状況に陥ってどうしようかと思っているところだけれど,SE機はサイズが小さい(VAIOPCG-C1XE)のでまだまだ使う場面が多い.まあメモリさえ手に入れば98SEは2000にするつもりなんだけど(とはいえ,廃番となってすでに数年が経過しているので入手は絶望的.オクで金積めば手に入るけど64Mの増築に何万も出すなんてw).

とりあえずネットに繋がず,サブとして使えば良いのだろうけど.当面の問題は配属されるであろう研究室のボスが持ち歩いているPCがMe機であるということ.持ち歩いているだけでメイン機じゃない,と信じたいところだけれど….

あとXPのSP1も10月でアップデート配信が終了なのでなんとかかんとかSP2導入を避けてきたユーザーもぼちぼち腹をくくった方が良いかも?

posted by Rion778 at 10:23 | 岐阜 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連。HTMLとか,Linuxとか,Rとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年07月06日

北朝鮮,7発のミサイルを発射

Taepodong.jpg
※画像はフィクションですw

北朝鮮 の こうげき
北朝鮮 は ミサイルを乱発した!
ミス
ミス
ミス
ミス
ミス
ミス
ミス

日本 の こうげき
日本 の あべしんぞう は 遺憾の意 を唱えた!
北朝鮮 には効果がないようだ…

朝起きた時点では3発,家を出る頃には6発,帰ってきてしばらくしたら7発目発射.で,どさくさに紛れて韓国が竹島に調査船を派遣.

半島(笑)

「もう北朝鮮が何を考えているのか全くわからないですよっ!」といって軍事ジャーナリストだか何かのオッサンがマジ切れしてたのが印象的だった.あと純ちゃんが会見してる時に普通に遊戯王を放送してたTXも印象的だった.

なんかテポドン2はもともとハワイ沖を狙ってたとかいう説もあるみたいなんだけど,だとしたら相当なミスだよね?方向的には完全にロシアだし.間違ってロシアをかすめたりしたら「遺憾の意」どころじゃなく大変な事になると思うのですがどうなのですか将軍様?

posted by Rion778 at 00:16 | 岐阜 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。