2007年01月31日

世界平和を達成する方法を述べよ

くらいにテーマが壮大すぎて困り果てていたレポートが終わった.いや,終わらせたと言うべきか. この手の問題はツッコミ出すときりがないから.まー題材が本当に世界平和だったら「税金と貿易と宗教」とか書こうか.

そんなことはともかく,昨日新聞の集金が来たのだが相変わらず3000円の徴収なのだ.というのは, 昨年3ヶ月ほど集金に来なかった期間が存在しているのである.で,先々月久しぶりに集金に来たとおもったら, 集金のおじさんが集金のおにいやんになっていて,3000円を要求された.

善良で正直な私は「あれ?1万円くらいじゃないんですか?」と聞いてみた.すると明らかになったのは, 集金のおじさんがお亡くなりになったとの話だった.たしかに健康そうな人ではなかったけれど,人間ってのは本当に簡単に死んでしまう. 別に仲良くもなかったけれど,知っている人が死ぬのは悲しい.

ところで,これは質問の答えになっていない.先月までの新聞代はどうした.

話をさらに聞いてみると,集金のおにいやんは先月までの領収書を持っていないらしい. どういう経緯で持っていないのかはイマイチ理解できなかったが,とにかく領収書もないのに集金なんてできないとのことだった. 「いい加減な話ですけど,そういうワケなんです」とおにいやん.ええ,いい加減ですね. こっちはいつか領収書が見つかって唐突に3ヶ月分まとめて請求されやしないかと不安で不安で夜もぐっすりだというのに.

posted by Rion778 at 00:27 | 岐阜 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月29日

間違っても正しい

講義ノートやテキストの内容に間違いを見つけた場合は,試験の解答時にそれを正しても良いものだろうか.あるいは, ノートやテキストとは異なった,しかし間違ってはいないと思う別の解答をしたとき,これは正当に評価してもらえるだろうか.

小学校の頃,理科のテストで「次の中から液体を選びなさい」という問いに「ガラス」を選んだら問答無用で不正解にされたことがある. 「ガラスは液体だ」と自慢げに教えてくれたのは他ならぬその先生だった.「確かに教えたが,選択問題なのだから無難なものを選べ」と, 全く納得の行かない主張をしたソイツのことは今でも嫌いだ.

しかし今や舞台は大学.講義の内容は下らない指導要領なんかには束縛されていないし,試験だって論述式がほとんどだ. 教える人間も教職が本職の人間ではないし,想定外の解答があっても一応の検討はしてくれるのではないか.

以前,講義の内容がサッパリ分からなかったので自分で一から勉強して,試験ではやや「過剰な」, 要するに講義で触れていない内容さえ交えた解答をしてみたら,なかなか悪くない評価が返ってきたことがあった. これなら安心して好き放題勉強できると思っていた.

しかし,前回の試験でテキストの内容に沿わない解答をしたら減点された(もちろん担当教官は別の人間だ). 私はテキストの内容が決して正しいとは思えなかったし,解明されていない事項を断定的に書くのが気にくわなかったので, 私が正しいと思う内容で「まだ詳しいことは不明ではあるが」という但し書き付きの文章に直したまでのこと. 今でも私の解答が正しいと信じている.

で,まあ身も蓋もない結論だが,要は人次第ということだ.小学校のテストだろうが大学の試験だろうが, 型にはまった採点しかできないヤツはいるのだ.その辺の判断が出来るようにならなくちゃいけない.もっとも, 前段落の例では融通が利く教官だと信じていたので相応の解答をしたのだが…

で,その教官の試験がまたやってくる.本性が分かったので今度はテキストを盲信して挑むことになるのだが, 不信感からほとんどテキストを読んでいなかったため範囲がえらく広い.うん,まぁ問題はそこだ.ヤッテラレッカこんなに沢山.

お願いですからアドリブを認めて下さい…

タグ:テスト
posted by Rion778 at 20:29 | 岐阜 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月28日

テスト勉強用

試験が近づくと筆記具を選びたくなる.万年筆やら鉛筆やらから試していって, 結局はシャープペンシルか中性ボールペンに落ち着くというのはいつものパターン.気分は変えたいから, 安くてどれを選んでもそれなりに品質に安定している2〜300円クラスのシャープペンシルかボールペンをチョット出掛けて買ってくるというのもいつものパターン.

それで例によって例の如くというか,今回はSARASAの0.7に落ち着きかけていたのだが, やはり気分転換をしたくなってボールペンを買いに出掛けた.

それで買ってきたのが三菱鉛筆のJETSTREAM. ジェットストリームインクなるインクを搭載しているジェットストリームな野郎で, ジェットストリームのおかげで摩擦係数が30〜50%軽減されるらしい.

油性ボールペンだが,ちょっと中性ボールペン的な感じもする書き味だ.油性ボールペンにありがちな書き始めのボール跡みたいなかすれ, インクボテ,独特のテカりがほとんど無く,書かれた文字だけ見れば中性インクと言われても信じてしまいそうだ. これがジェットストリームインクの力か.

値段も安いしお財布へのダメージも軽微…

のハズだったけど,一緒にシャープペンシルを2本買ったら千円札が2枚消えた…

本屋に入るときは財布をあらかじめ軽くしておかないとダメだな.

posted by Rion778 at 01:57 | 岐阜 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月25日

なぜ「酸っぱい」のか

レモンは酸っぱい.そんなことは誰でも知っている.私も知っている.

酸っぱさの元はクエン酸だ.これもまあ大抵の人は知っている.

では,クエン酸はどこからやってくるのか?

植物は無機成分のみで生育できることからも想像できるように,有機物を基本的に吸収しない(ちったあ吸収する場合もある. 糖とかある種のビタミンとか.)ので,当然どこかで合成しているはずだ.

そこで思い浮かべられるのがクエン酸回路(TCA回路とかクレブス回路とか呼ばれたりもする). 解糖系から始まって酸化的リン酸化で終わる好気呼吸の反応の中に存在するこの回路だが, なるほどクエン酸回路の中にはクエン酸をはじめ各種の有機酸が中間産物として存在している.この中間産物を集めてやればいいわけだ.

だが,ちょっと待って欲しい.(天声人語風に)

解糖系→クエン酸回路→酸化的リン酸化という流れの中に存在するクエン酸回路は,中間産物が余ったりする性質のものではない.また, 「回路」なのだから,途中で止めてしまうとクエン酸回路全体が止まってしまう.解糖系からの産物(ピルビン酸)を与えてもらっても, クエン酸回路が回っていなければどうにもこうにもならない.すなわち,これではクエン酸が蓄積なんてするはずがない.

これを解決するには,クエン酸回路の中間産物を何らかの経路によって補充してやればよい.余らせるために補充してやるとは妙な話だ. そんな都合の良い経路があるのか.

あるのだ.

高校の教科書的には解糖系というやつは「グルコース一つからピルビン酸二つを作り出す系」として説明されている.が, 植物の場合はピルビン酸ではなくリンゴ酸(クエン酸回路の中間産物の一つ)を作り出すことができる「もう一つの解糖反応系」を持っている.

これはどういうものかと言えば,ピルビン酸の前物質であるホスホエノールピルビン酸(略してPEP) がPEPカルボキシラーゼという酵素によってオキサロ酢酸になり,オキサロ酢酸がリンゴ酸脱水素酵素(名前は「リンゴ酸脱水素」だが, 反応はオキサロ酢酸→リンゴ酸に偏っている)によってリンゴ酸になるというもの.

この経路のおかげでリンゴ酸を補充できるため,中間産物であるクエン酸を引っこ抜いてクエン酸回路が止まってしまっても, 同じく中間産物であるリンゴ酸の段階から新たなクエン酸回路を回すことが可能になる.もちろんどの段階から引っこ抜いても, リンゴ酸そのものを蓄積しても大丈夫(事実,多くの植物は液胞に顕著な量のリンゴ酸を蓄積している). 植物が各種の有機酸を蓄積出来るのはこうした仕組みによる.

さらに植物はリンゴ酸からピルビン酸に脱炭酸する経路も持っているため,リンゴ酸が余分にあっても困ることはない. 植物のクエン酸回路にはかなりの柔軟性があるのだ.

ちなみに,このようにある代謝経路の代謝中間物を補充するような反応は「アナプレロティック反応」と言われる.

なんで突然こんなことを調べたかと言えば,要するにテスト勉強である.要するにわかんなかったのである. 高校の教科書レベルから調べたので結局これだけのことに2時間もかかってしまった.ノート的には1ページ分なんだけど…. 高校生物って大切ですね.

今回は調べるのに岩波理化学辞典 テイツ/ザイガー植物生理学 新しい高校生物の教科書あたりが大分役立った. グーグル先生の回答がイマイチだったからこれらが無かったら分からなかったかもしれない. 伊達にアホみたいな値段をしているワケじゃないな.

posted by Rion778 at 01:16 | 岐阜 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 植物関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月23日

アメダス

レポートのためにアメダスのデータをダウンロードしないといけない.

でも気象庁からデータを検索してもcsvでダウンロードできない.コピーしても改行位置がヘンなのでExcelには貼り付けられない. だからといって手打ちでポチポチやるなんてとても信じられない.なんとしても楽をする方法を見つけなければ.

そんなわけでアメダスの観測データをどこかでcsvかテキストデータでダウンロードできないかと探したのだけれど, そんな簡単には出てこない.それでもしばらく検索を続けていると,秋田県などいくつかの県ではどこかの会社のシステムを導入していて, アメダスデータの検索とcsvでのダウンロードが可能になっていることが分かった.希望がない訳じゃない.

そんなわけでさらに検索を続けていると,ようやく目的の地域のデータが出てきた. さきほどの秋田県などに導入されているシステムと同じものらしい.csvも拡張子がおかしくなっていたもののちゃんと落とせた.

しかし問題が無いわけではない.まず,データの統計処理方法が少し違うらしく,1時間ごとのデータなら気象庁のものと同一なのだが, 1日ごとのデータだと最高・最低気温,風向などに若干の違いがある.まあこれは1時間ごとのデータを使えばいいだけのことだけど.

そして一番の問題は,コイツが誰のものか分からないという点である. 明らかに特定の県内のデータを示しているのでその県のHP内にリンクがあるかと思ったけど,ない.その上, このページのためだけにドメインが取得してあるらしくディレクトリを掘ることもできない.また, グーグルさんにお願いしてこのページにリンクを貼っているページを検索してもらっても1件のヒットもない.

一体どういうことなのか?本来はアクセス出来てはいけないページにアクセスしてしまったのだろうか? どこかの団体が団体内だけで利用するために設けたページが何かの拍子にグーグルに拾われたとかで.

だとしたら嬉々としてリンクを貼り付けるのはどうかと思うのでリンクは貼らない方がいいかな.

しかし,もしどうしても必要という方がおられたら…

頑張って検索してくれたまえ.

posted by Rion778 at 20:38 | 岐阜 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月21日

いつまでも頼ってはいられない

有名だけど統計処理プログラムでもない有料のソフト(はっきり言えば Excel だが)
は,頼まれても使いたくないが,Rは使うなといわれても使いたい。
青木繁信 Rによるデータ解析

今度からは統計処理にRを使ってみようと思い,データ解析環境 「R」―定番フリーソフトの基本操作からグラフィックス、統計解析までを買ってみた. グラフ作って分散分析して多重比較してなんて作業をExcelで全部やるのは辛いのです. 特にデータが多かったり, 分析ツールが入ってないor信用ならない場合.

一通り読んでみたけど,普通のデータを統計処理するならやはりRの方が簡単そうだ.統計学の教科書 (初歩的なやつ)に書いてある程度の事ならば大して勉強しなくてもできる感じ.それにしても少し初心者向け過ぎる本だったかもしれない. まあ分かりやすいといえば極めて分かりやすいし,これくらい基本的なことから解説している本が一冊あるに越したことはないんだけど.

で,色々できるRなのだから,温度の測定データくらい軽く扱えるはずだ.

っと思って温度のデータをどうにかこうにかすべく頑張った.でもイマイチ上手くできない. なんとか散布図にしてみてもやたらPCに負荷がかかる.それに時系列データの取扱いに関しては買った本に載ってない. 入門の入門みたいな本だからなのか?ところで時系列データってのはいつもグラフにして, その観察しかしてない気がするけど他に取扱い方は無いのだろうか?回帰分析とか.

とか思って色々調べてみたら,やっぱ時系列データを使った解析ってのはあるらしい. そして今まで知っていた簡単な回帰分析とは違うような気がする.しかし何やら難しくてよく分からない. グラフの書き方もなんか違ってたっぽい.お財布の都合で買わなかったThe R Bookには時系列解析の章があるから明日にでも生協で買うかな.

とりあえず時系列解析は今後の課題にして,今回のデータはおとなしくExcelさんにグラフ化してもらおう…

posted by Rion778 at 20:40 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疑惑

         *'``・* 。 
        |     `*。 
       ,。∩      *    もうどうにでもな〜れ 
      + (´・ω・`) *。+゚ 
      `*。 ヽ、  つ *゚* 
       `・+。*・' ゚⊃ +゚ 
       ☆   ∪~ 。*゚ 
        `・+。*・ ゚ 

昨夜ちょっと頑張ってテスト勉強でもしてみようかと思ったが二時間で挫折. 講義の内容にどの程度の信憑性があるのか気になりだしたらもう止まらない.調べても講義のソースは見つからないし. 講義で説明する内容に対しては,追求の手段を用意しておくべきだと思うんですがどうでしょう. 試験をクリアするだけならノートを適当に暗記しておけば十分だろうけど,それってどうなんだろう.成績いいだけのバカって最低だもの.

信憑性といえば,あるある大辞典の捏造がやっと明らかになった件を思わずにはいられない. というか騒いではいるが,みんなフィクションだと思ってたんじゃないのか. 売り上げが傾いてきた食品に対する長めのCMみたいなものだろうて.

あるある大辞典といえば,大学の講義でこの番組の録画を上映したのち,「皆さんが興味を持てるかと思って見せましたが, 科学的にいえば間違った内容なので信じないで下さい.」 と衝撃的な発言をなさった教官もおられた.そもそも○○を食べるだけで!とか○○運動をするだけで! というのは冷静に考えればおかしいんだから,少しは調べるということをしなくてはダメだ.

とはいえ,私の実家では黒豆ココアが買い置きしてあったり,好きでもないのに「体に良いから」という理由で納豆を食べていたり, どう見てもヤバイ色をした自作の健康ジュースが置いてあったりする.ミネラルウォーターもどこかしらから箱で仕入れている. まあでもおかげで「健康食品」という類に良いイメージを持つことはなかった.だって家の人間はみんな不健康なんだもの.

posted by Rion778 at 11:38 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月16日

レポートが…

終わっている.まだ期限まで余裕があるのに(´・ω・`)

せっかくなので見直していたが,見れば見るほど修正したくなってくる.実験の内容が正直言ってひどいので, まるでツッコミの塊のようなレポートになっていたのだが,ここまでやると人間関係に深刻な問題をもたらすのではないかと思えてきた. まあ実験を担当した教官とは深刻な問題が生じるほどの関係も無いが.

それでも念のためツッコミをやわらかい表現に,ともすれば突っこんでいるなどと気付かないほどの表現にあらためていったのだが, 書いているうちにテンションが上がってきて結局ツッコミが増えてしまった.明日もう一回見直そう.

つーか統計処理を求めるのならデータの集計方法くらい考えてほしい. こんなデータの取り方じゃ大したことは出来ないと実験中から思っていたが,案の定大したことは出来なかった.

ところで,とりあえずデータだけ集計して, 統計処理は各自自由な方法でやってくれと丸投げするのは担当する側からすると楽でいいかもしれないが, それで学生側が色々な処理方法を試みたら結果にバイアスかかるんじゃないかなぁ,と,レポートで「自由な」統計処理が求められる度に思う. 中には処理方法をある程度指定してくる教官もいらっさるが.

ところで前回のレポートはまだ回収されていない(〆切:昨日).今日提出したって期限内扱いだろう.なんか色々台無しだ.

タグ:レポート
posted by Rion778 at 23:40 | 岐阜 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月15日

中ボス

くらいのレポートがオワタ.

ワードに文章を打ち込み始めたのは日曜の昼頃だっただろうか.一日で編集時間が600分になっている.

今日あらためて思ったのだが,レポートが行き詰まるのは作業がタイヘンとか量が膨大とかそんな理由じゃなくて, ちょっとした知識不足なのだ.

今日は二元配置の分散分析,略すとtwo-way ANOVAなるものをするにあたって, 欠損しているデータをどうやって取り扱ったものかとかなり長い間悩んでいた.答えは手持ちの統計学の本の中にあって,こういう時のための 「欠損値補填法」というワザが存在した.1個の欠損なら簡単に, 2個以上の欠損なら気合いと根性でとりあえずな値を入れられるという優れもの.

まあとにかく,こういう機会にものすごい労力を投下して「一つ賢くなった!」と喜ぶのもいいが, やっぱ普段から勉強しておくべきだなとつくづく感じた.

なお,レポートに早くから着手するという選択肢は無い

なぜなら,趣が無いからだ

posted by Rion778 at 01:55 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月11日

重みの問題

レポートが1個終わった.実験と実習のレポートはあと2つ.

10ページを軽く超えるようなレポートを3つも4つも書いて実験と実習の単位は合わせて2単位しかもらえない. コマ数は3コマ半もあるうえ,時間内に収まらないことも多々あるのに.ただ授業を聞いてテストをやるだけの(というと多分な語弊があるが) 普通の講義は1コマで2単位なのに.

実習は実習だけで完結するが,講義は予習も組み込んでいるので単位が多い. というような説を遠い昔に聞かされたような気がしないでもない.この「説」を聞いたときはまあそれなりに納得もしたが, 実際問題として大学での拘束時間が長いのも家での投資時間が長いのも実験や実習だ.

別に単位や成績が欲しくて大学に行っている訳じゃないが,投資に対しては正当な評価が欲しいと思うのは当然なわけで. でも事務方はそんなこと微塵も考えてはいないんだろうな.

まぁ内容が面白ければいいんだけど正直どうでもいい実験とかもあr(ry

タグ:レポート
posted by Rion778 at 02:36 | 岐阜 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月09日

もはや一刻の猶予もない

「お前は世の中に出て行こうと望んで、 自由の約束とやらを土産に、手ぶらで行こうとしている。 ところが人間たちはもともと単純で、 生まれつき不作法なため、その約束の意味を理解することもできず、もっぱら恐れ、 こわがっている始末だ。なぜなら、 人間と人間社会にとって、自由ほど堪えがたいものは、いまだかつて何一つなかったからなのだ!」
ドストエフスキー カラマーゾフの兄弟

冬休みが終わる.レポート,テスト,その他諸々の仕事を考えれば, もはやのんべんだらりと日常を過ごすわけにはいかない.

しかし,だ.私は連休の終わりというのはこのように忙しくあるべきだと思う. 夏休みの宿題は8月最後の週にまとめてやるべきなのだ.そうでなくては趣が無い.それになにより, 休日が平日より忙しいことによる副次的効果は偉大なものである.

考えてみて欲しい.楽しい休日の次に訪れる平日の恐怖を.それが生み出したのは「月曜日」 というタームに対するトラウマであり,「サザエさんシンドローム」という国民病である.

すなわち,長期休業中の宿題こそがパンなのだ!人類はこのパンによってのみ救われるのだ!

…と,アホなことを言っていてもレポートが終わる訳じゃない.もう寝よう….

posted by Rion778 at 00:00 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月05日

部屋が狭い気がする

「貧は悪徳ならず、 こいつは真理ですよ。 いや、 もっと真理なのは、 飲んだくれは善行ならず、 ですかな。 しかし、 貧乏もですよ、 洗うがごとき赤貧となると、 こいつはもう悪徳なんですな。」
ドストエフスキー 罪と罰

とうとう本棚を追加購入.今日は父親と一緒だったので価格を気にせず買えばよかったのだが, 結局ニトリの2990円なカラーボックスにしてしまった.まぁ価格だけじゃなくてスペース的な問題もあった.しかし, そもそもニトリに出掛けている時点で安物を買う気しか無かったのかも知れない.

今日はその後,片付けものを済ませるために大学に赴いた. 三箇日が終わってすぐの夕方というのに研究室に何人か人が居たのには驚いた.なんて勤勉な方々だ. 1時間ほど洗い物して研究室を再度覗いたら全員帰宅していた.なんて規則的な方々だ.

帰宅後カラーボックスを組み立てたり部屋の掃除をしたりしていたら,夕食を何も買ってないのに気が付いた. とりあえずその辺にあったものを食べたので今日の夕食はお茶漬けとアイスクリーム(クッキー)と源氏パイにカントリーマーム. もう少し食生活に気を配った方がいいような気もする.

タグ:
posted by Rion778 at 00:45 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月03日

温室メロン

日本で言うあの高いメロン,温室メロンはマスクメロン,あるいはアールスメロンと呼ばれている.「アールス」は Earl's-Favourite が略された呼称.Earl は伯爵の意味.すなわち,「伯爵の好きな」メロンという名を宿している. イギリスのラドナー伯爵邸の農園長,H.W.ワードにより作出.1895にイギリスの種苗商カーター社より発売.なお, マスクメロンと呼ぶ場合の「マスク」は musk ,すなわちジャコウを示す.

日本での西洋メロン栽培は明治30年頃,福羽逸人(ふくばはやと 子爵,農学博士)がまずはフランス, つぎにイギリスより種子を取り寄せ,新宿御苑(明治政府直轄の植物試験場)にて試作を行ったことに始まる.なお, 福羽博士は日本での苺品種を初めて作出したり,ガラスによる温室を考案,日本に広めたりしており,近代施設園芸の祖と言われる人物である. 「促成栽培」という言葉も福羽博士が創り出したと言われる.ちなみに誕生日が私と同じ(12月13日).

大正14年に Earl's-Favourite はイギリスより日本に渡ってきた.栽培法の改良と全国への普及が進み, 「青果の女王」として広く認められるに至っている.今では「アールス系」と呼ばれる栽培が簡単で安価な品種や, 赤い果肉で有名な夕張メロンなど,様々な品種にもその遺伝子は受け継がれている.ちなみにウィキペディアをはじめ, いくつかのテキストには福羽博士が Earl's-Favourite を導入した,広めた, さらには創り出したなどという記述が見られるが,福羽博士の没年が1921年なのでこれは誤りだろう(大正14年は1925年).ただ, 前段落で述べたように温室メロンの栽培法確立に福羽博士の多大な貢献があったことは間違いがなさそうである.

現在 Earl's-Favourite は日本でしか栽培されていないらしい. 本国イギリスでは露地メロンがほとんどになっているという.サッチャー前首相が来日した際には日本の温室メロンを食べて, その美味しさにたいそう驚いたとかなんとか.

posted by Rion778 at 12:16 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 植物関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月02日

あけおめ

年が明けているっ!

微妙なタイミングで掛け時計の電池が切れたのでそんな感じの年明け.

元日は去年より減ったものの5枚来た年賀状の返事を書き(毎年この時になると字を習おうと決心する), こっちに来てから何故か毎日欠かさず出てくる雑煮を食べ,あとはを読みながらごろごろごろごろ…

日本の伝統に従えば正月はこのような過ごし方が正しいのだ.多分.

ところで先日の事だがまたVAIOが手に入った.これで三台目 (一台はもうタイマーが発動しているので実質二台目).PCG-GR5G/BPというモデルで, 多少頼りないスペックだがまぁ普通に使える.小さくは無いけど,バカでかいLaVieCに比べれば小さいので大学用にでもしようかと.

新しくパソコンが手に入ってやることといえばウィンドウズアップデートとウイルス対策だけど, ウイルス対策はいつもフリーでなんとかしている.前はAVGってのを使ってたけど,今は軽い(気がする) eTrustってやつのプロモーション版を使ってる.プロモーション版だけど機能も期間も限定していないんだから太っ腹である.「フリー」 というと何か貧弱そうだけど,警告のバルーンが右下から湧いてきたりはしないし,今のところウイルスの被害に遭ったことはない. そもそもどんなスバラシイ対策ソフトだって最新のウイルスにはなかなか対応できるものじゃなし,ダメなときはダメなのだ. 大切なのはアヤシイURLを踏まないこととアヤシイファイルやフォルダをクリックしないこと, それとファイヤーウォールを有効にしておくとかスパイウェアの対策をするとかそういう基本的な事だと思う.

その後はイラナイソフトを消して消して消して…適当なソフトを入れて入れて入れて…

それでデスクトップに電源オフボタンなんかを作ったりしていると一日終わってしまう. いつも思うけどVAIOは無駄なソフト入れすぎだな.まあノートパソコンなんてどれもそんなものなのだろうけど.

posted by Rion778 at 02:23 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。