2009年01月12日

ThinkLight

X61を購入したのが4月ごろ。今さっきコレにキーボードライトが付いてるのに気が付いた。

ThinkLight

ここにライトっぽい刻印がされてるのは気づいてたけど、てっきり明るさセンサだと思ってた。 適当にショートカット押して遊んでたら突然付いてビビった。

WikipediaによればThinkPadを特徴づける機能の一つっぽいよ。

それでこれ、すごく小さい。小さい白色LEDが一灯だけ。

こんなもんで手元が見えるようになるのかと試してみたくなったので部屋を真っ暗にして実験。

ThinkLight OFF

↑OFFの状態。

↑ONの状態。

部屋は真っ暗、液晶の明るさは最低にしてある。カメラは三脚に固定し、露光時間を2秒にして撮影。 まぁ所詮は写真なので実際の感じを正確に伝えるのは無理だけど、比較的近い雰囲気で写っていると思う。

液晶からの明かりのみではたとえ輝度を最大にしてもちょっと目を凝らさないと見えないキーがいくつかあるのだけれど、 ライトを付けるとかなり楽に視認できるようになる。

写真では右奥のキーまで照らされていないように見えるが、 実際は右上に配置されたDeleteキーなどが特にライトの恩恵を受けるように感じる。液晶からの光が届きにくい場所なので。

あとこれ、ONにするための操作がFn+PgUpなのだけど、Fnキーは左下角、PgUpキーは右上角にあるため、 余計なキーを押すことなく手探りでONにできるようになっている。

暗い場所で作業するときには大変便利でカッコいい。まー当分使わない気がするけど。

posted by Rion778 at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(言及がない、関連がないと判断した場合削除することがあります)
http://blog.seesaa.jp/tb/112520491
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。